漁師.jp 全国漁業就業者確保育成センター

ホーム … 漁業求人情報・支援制度 … 支援制度情報 … 北海道 … 漁業就業者研修支援事業(北海道)

漁業求人情報・支援制度

各種支援制度情報

支援制度検索

漁業就業者研修支援事業(北海道)

都道府県 北海道
市町村名 寿都町
事業名1 漁業就業者研修支援事業
事業名2
対象者・条件 (1) 短期研修を希望する者は、北海道漁業就業支援協議会及び寿都町地域漁業就業者対策協議
  会の主催による長期研修の資格を得ていること。
(2) 研修開始の日において、満50歳以下の者。
(3) 研修終了後、寿都町における地域漁業の担い手として就漁する見込みがある者。
(4) 寿都町漁業協同組合の正組合員資格を取得する見込みのある者。
(5) 寿都町に住民登録している者。
(6) この事業における研修は、単に体験漁業ではなく、生業としての漁業経営を目指し、漁業技術や
漁業経営力等を身に付けるための研修制度であることを十分に理解していること。
(7) 研修、就漁について家族の同意を得ていること。
(8) 原則として生活費の確保を目的とした他の事業による給付等を受けていないこと。
(9) 町税、国民健康保険税、各種税外収入金を完納していること。
事業・支援措置の内容 ①短期研修(研修生受入機関への助成)
  国長期研修実施前に、最長1ヶ月間の短期研修費用を助成。
(1)漁業知識研修講師謝金
4,700円/時間×1日1.5時間以内×1ヶ月20日以内
(2)保険料
  研修期間中の実費若しくは6,000円を上限に支給
(3)安全対策費等
  ライフジャケット、合羽、長靴などの安全対策に係る経費の実費若しくは15,000円を上限に支給。

②長期研修(研修生への助成)
(1)雇用型
  漁業者又は漁業会社が雇用しながら漁業実習研修を実施する。
  生活支援助成金 独身・単身者月額 30,000円 既婚・扶養家族がある者 月額50,000円
(2)後継者育成型
  漁家の後継者を育成するため、漁業者又は漁業会社が雇用しながら漁業実習研修を実施する。
  生活支援助成金 独身・単身者月額 120,000円 既婚・扶養家族がある者 月額150,000円
(3)独立雇用型
  将来独立することを前提に漁業者又は漁業会社が雇用しながら漁業実習研修を実施する。
  生活支援助成金 独身・単身者月額 120,000円 既婚・扶養家族がある者 月額150,000円
(4)自立支援
  長期研修修了後に独立を目指して漁業に就業している者に対して自立を支援する。
  月額50,000円
窓口・問合せ先 寿都町産業振興課水産係
TEL:0136-62-2602