漁師.jp 全国漁業就業者確保育成センター

ホーム … 地域からのお知らせ … 令和元年度中期漁業技術研修事業について

お知らせ

地域からのお知らせ

令和元年度中期漁業技術研修事業について

2019.07.11

千葉県への新規漁業就業希望者(以下、「研修生」とする。)を対象とした地域及び漁業への自己適性判断及び漁業技術習得を図るため、3か月間の中期漁業技術研修を実施します。


【研修内容】

研修は、漁業に関する基礎的な知識・技能等についての座学研修、指導漁業者の雇用下で、実際の操業等による海上研修及び漁具の修繕等の陸上研修を行います。

※本事業では操業時間の一部を研修に当てるため、指導漁業者と雇用契約を締結し、就業しながら研修を行うこととなります。

【実施時期】

令和元年9月から令和2年2月末の間の3か月間とします。なお、実施期間は、指導漁業者と調整の上、決定します。

【実施場所】

 千葉県内

【対象者】

・漁業への就業意欲が高く、研修終了後も引き続き千葉県において漁業就業が可能であると見込まれる者。

・漁業の性質上、事故や怪我等の危険性があることを理解した上で、研修を受ける意思がある者。

・本事業による研修のみを目的としており、明らかに漁業就業継続の意思がない者は、本事業の対象としない。

・これまでに累積1年以上、主として漁業に従事したことがある者は、本事業の対象としない。

・国又は地方公共団体に係る予算において実施した事業において、研修事業又は漁業就業に係る給付金等を現在、又は過去に1か月以上受けた者は、本事業の対象としない。

・研修時の安全対策に不備のある者は、本事業の対象としない。

・過去1年間に漁業に関する法令の違反に係る刑事または行政処分を受けた者は、本事業の対象としない。

・未成年の場合は、研修実施にあたり保護者の同意が得られる者。

【募集人数】

3名

※申込みが定員を上回った場合は、体験漁業や短期研修の実施の有無、受入先が小型漁船漁業の有無、将来千葉県内において独立希望の有無等から優先基準を定めて選定します。

【募集期間】

 令和元年8月15日(木)まで

※ただし、募集期間を終了しても定員に達しない場合は継続募集を行います。

【参加費】

無料(ただし、現地までの往復交通費、研修期間中の宿泊費及び食費等は自己負担)

【申込方法、その他詳細】

・申込に当たっては受入先において現在、雇用されている又は雇用が内定していることが条件となります。

・予め「漁師.jp」での求人情報等により研修を希望する漁業者から雇用の内定を得た上で、指導漁業者を通じて申込してください。

・令和元年7月6日(土)漁業就業支援フェア2019東京会場(千葉県地域漁業担い手確保・育成支援協議会のブース内)において事業内容等について個別相談を実施します。

※漁業に累積で1年間以上従事している場合は本事業の対象外となります。


【問い合わせ先】

(受託者)千葉県漁業協同組合連合会指導部 担当:鈴木

TEL 043-242-6858

FAX 043-247-6052

メール r.suzuki@chiba-gyoren.or.jp

(県庁担当)千葉県農林水産部水産局水産課企画指導室 担当:鈴木

TEL 043-223-3041

FAX 043-221-3425

メール suisan01@mz.pref.chiba.lg.jp