漁師.jp 全国漁業就業者確保育成センター

ホーム … 地域からのお知らせ … 新潟県 平成25年度 第2回 漁業就業希望者と乗組員募集経営体との集団面談会

お知らせ

地域からのお知らせ

新潟県 平成25年度 第2回 漁業就業希望者と乗組員募集経営体との集団面談会

2013.06.12

新潟県 平成25年度 第2回

漁業就業希望者と乗組員募集経営体との
集団面談会

新潟県漁業就業者確保育成センターでは、漁業就業を目的としている方を対象に次のような段取りで集団面談会を予定しています。
「漁師になりたい!」と、日頃より強く希望されている方は、面談会にご参加ください。

Ⅰ.集団面談会:
(1)会場別日程
6月22日(土)10時 新潟市中央区万代島2番1号 県水産会館
長岡市 ごち網漁業 1経営体 1人(18歳~30歳くらいまで)
新潟市 沖合底曳網漁業 1経営体 2人(20歳~50歳くらいまで)
村上市 小型定置網漁業 1経営体 1~2人(18歳~39歳くらいまで)
佐渡市 大型定置網漁業 1経営体 1~2人(18歳~45歳くらいまで)
※参加費無料、会場までの旅費交通費は参加者ご負担でお願いします。
※出展予定漁業経営者の概況は、6月10日現在のものです。
また、都合により、当日出展を見合わせることがありますので、予めご了承願います。
(2).内容:
募集経営体との面談、漁業就業相談
Ⅱ.体験研修:
 ※集団面談会で求人者の意に叶った方のみが体験乗船の対象者となります。
※体験乗船では、会場までの旅費交通費及び滞在費は参加者負担です。
Ⅲ.就業研修:
 ※体験乗船の結果、求人者が雇用を前提として見習い乗船を決定した場合、事業の的格者と判断された場合に対象となります。
※雇用者から見習いに相当した賃金が支払われます。
※就業研修後は原則的に正規乗組員として雇用されます。
《参考》
1、これまでに1年間以上、主として漁業に従事していないこと。
2、これまでに、国又は地方公共団体の補助金による漁業研修等を6ヵ月以上受けていないこと。
3、漁業研修のみを目的にしているもの(明らかに漁業就業の意思がないもの)
4、現在及び過去において暴力団等その他の反社会的勢力に所属していないもの。
5、その他、詳細はお問い合わせください。

お問合わせ先

新潟県漁業就業者確保育成センター(事務局:新潟県漁業協同組合連合会)

新潟県新潟市中央区万代島2番1号 指導部指導課

電話 025-243-3681  FAX 025-243-3684

または、

新潟県水産課指導普及係 電話025-280-5314

新潟県佐渡地域振興局(水産庁舎) 電話0259-27-3715

新潟県水産課糸魚川駐在 電話0255-53-1907

新潟県水産課村上駐在 電話0254-52-7979