漁師.jp 全国漁業就業者確保育成センター

ホーム … 漁業就業知恵袋

漁業就業知恵袋

漁業就業知恵袋

質問の投稿には会員登録(無料)が必要です。

漁師になりたいのですが、ヘルニアを患っています【漁業全般】

質問者:にゃむ さん(20代) 2016.01.21

編集する

昔からの夢である漁師になりたいのですが、現在ヘルニアを患っています。症状は軽度ですが、漁師になるには厳しいでしょうか。漁は沿岸漁業の一本釣りや刺し網をしたいと考えています。現場の声をお聞かせ願います。

違反報告

大型定置網漁の経営者です。ヘルニアについてですが、水揚げ作業においては機械化が進み、昔だと人力でやっていた作業も船上クレーンやウインチ等を利用することで、肉体的に負担がかからないようになりました。ただ、腰への負担ということで仕事全体を見渡すと、瞬間的に負荷が大きくかかることが避けられないと思います。例えば、ハッチやタンクに1カゴ40kg程度入った砕氷を放りこむとき、釣り船や刺し網船だと船上クレーンが無いので漁獲物を船から桟橋に揚げるとき、魚の選別・出荷作業でまとまった量を移動させるとき、潮が引いて桟橋とデッキの高低差が大きいときの船の乗降り(変な着地はヘルニア持ちにはきついですよね)、などなどです。また万が一、何かでヘルニアの症状を悪化・再発させてしまった場合、就業前からの持病の悪化・再発は労災認定を受けられないと思います。そういったリスクを承知の上でご検討ください。

違反報告

一本釣り漁を営んでおります。
漁業では船上作業、漁獲物の荷揚げ、氷の搬送など肉体労働が基本です。
ただ、私のような単独で一本釣り操業の場合は、重いものは小分けにするなどの方法で負担を軽くできます。また、地域柄もあるかもしれませんが、ちょっと大変な作業をしている時には見かけた仲間の漁師がだいたい手伝って助け合います。70歳を超えてもひとりで操業している方もおります。
軽いヘルニア持ちでもできないことはないと思いますが、上の方がおっしゃるように悪化・再発してもその後の保障はありません。

違反報告

返信する 一覧に戻る