漁師.jp 全国漁業就業者確保育成センター

ホーム … 漁業の紹介 … 沖合・遠洋漁業 … 近海カツオ一本釣り漁

漁業の紹介

沖合・遠洋漁業

近海カツオ一本釣り漁

釣竿で頭上に跳ね上げ針をはずす、「跳ね釣り」が主流。

近海カツオ一本釣り漁

漁法

季節によって住みかを移すカツオを追って、漁場も季節ごとに変わる漁。同じ一本釣りでも、手で針をはずすのではなく、頭上に跳ね上げた勢いではずす「跳ね釣り」という方法。できるまでには3年くらいの修業が必要だ。
数時間から1日で漁場に着くが、漁場での釣り揚げは10分から1時間。カツオの群れに、生きたカタクチイワシを投げ入れ、さらに船からバシャバシャと散水し、エサの小魚がたくさんいるように見せる。跳ね釣りだと、同じ時間に一本釣りの3倍は釣れる。釣り上げが終ると、また次の群れを追って移動していく。航海のサイクルは2日から5日ほど。カツオは冷凍ではなく冷却水に漬けて保存するので、鮮度が落ちないうちにこまめに港に入る

漁場

南西諸島、和歌山沖、房総沖、三陸沖

魚種

カツオ、ビンチョウマグロ
北上するのぼりガツオは4月~8月
南下する戻りガツオは10月~11月