漁師.jp 全国漁業就業者確保育成センター

ホーム … 漁業の紹介 … 沖合・遠洋漁業 … 海外まき網漁業

漁業の紹介

沖合・遠洋漁業

海外まき網漁業

中西部太平洋海区にて、カツオ・マグロの群れを、まき網により捕獲する。

海外まき網漁業

漁法

鳥群れを頼りに魚群を探索。大型船の場合は搭載のヘリコプターも探索に活用。魚群に近づき、一号艇を投下。網を本船から海中に落とし入れ、拡げながら魚群を巻く。操業時間は1時間半~2時間半(漁獲量により異なる)。

漁場

パラオ、ミクロネシア、パプアニューギニア、キリバス、マーシャル、ナウル、ソロモン、ツバル(以上 PNA八カ国)のEEZ(排他的経済水域内)で操業を行う。

魚種

カツオ、キワダ・キメジマグロ、メバチマグロ

航海のサイクル

  • 出港準備
    必要物資の積み込み作業
  • 漁場へ航行
    ブライン溶液の準備、漁具の手入れなど。日本から約一週間で漁場到着。
  • 漁と漁場の移動
    二十日前後の探索・操業。
  • 帰港/水揚げ作業、次の漁の出港準備
    漁場から約一週間で帰港。水揚げ作業は三日前後。漁労設備の修繕、必要物資の積み込み作業等。総じて約1週間の滞港となり次の航海へ。

約10航海程の出入港を繰りかえし、ドック入り、長期修繕を行う(約一ヶ月)。