漁師.jp 全国漁業就業者確保育成センター

ホーム … 漁師になるために

漁師になるために

漁師になるために

漁師になるまでのステップ

1

まずは、情報を集めよう

漁師といっても、漁業種類や地域によって働き方や生活スタイルはさまざま。
できるかぎり多くの情報を集めて、自分が目指す漁師の姿をイメージしよう。
・当ホームページ「漁師 .jp」など

2

行動を起こそう(参加 ・ 体験する)

直接漁師の話を聞いたり、漁業体験などに参加することも、情報収集のひとつ。実際の仕事や生活スタイルなどについて、現場に足を運び、生の声を聞いて、自分に合う漁業を見つけよう。
・漁業就業セミナー(座学・体験)に参加
・漁業就業支援フェアに参加
・漁業体験に参加 など

3

求人情報を探そう(就職活動)

自分の目ざす漁師がイメージできたら、求人情報を探して、直接アプローチしよう。面接や乗船体験などを経て採用が決まるケースも多い。
・ハローワークや「漁師 .jp」などで求人情報を検索
・直接漁協や漁業会社にアプローチ
また、漁業就業支援フェアでは、採用意向のある漁協や漁業会社が出展するので、直接採用状況などを確認できる。

4

決定! 漁師へのスタート

経験ゼロからでも大丈夫。 「漁業研修制度」を活用しよう!
漁業就業支援フェアに参加し、フェアに出展している漁協・漁業会社とマッチングが成立すると、一定期間、採用が決まった職場で仕事をしながら基礎的な漁労作業の指導を受ける「漁業研修制度」(国の補助事業)が活用できる。これは、本格就業を前提に、漁業研修生として実際に日々の仕事をしながら経験を積む試用期間のようなもの。詳しい制度の内容は、全国漁業就業者確保育成センターや各都道府県の相談窓口で確認しよう。

漁師になってからのキャリアアップ

沿岸漁業のキャリアアップ

親方漁師に弟子入りし、将来的に独立して自分で生計を立てるか、漁業会社の従業員としてキャリアを積むかが主になる。 将来の独立を目指すなら、免許や資格を取得するだけでなく、漁協の組合員になることが必須。

  • 親方漁師の弟子や漁業会社の従業員となり、漁船の乗組員として従事する
  • 必要な資格を取る
    ・船舶免許
    ・漁業無線 など
  • 漁協の組合員になる
    その地域で漁業に従事した実績(おおむね 90日〜120日以上)と、定住して漁業を続ける意志が必要

沖合・遠洋漁業のキャリアアップ

経験を積み、幹部職員を目指すか、中・大型船の乗組員となって働くケースが主になる。
資格にチャレンジし、自分のキャリアに磨きをかけよう。

  • 漁業会社の船員として甲 板部、機関部で働き、経験を積む
  • 必要な資格を取る
    ・航海士(海技士・航海)
    ・機関士(海技士・機関)
  • 漁船のリーダーを目指す
    ・漁船の最高責任者漁労長を目指す
中・大型漁船の乗組員(リーダー職)序列と役割
漁労長
操業・漁獲を指揮する最高責任者。敬意を込めて「船頭」と呼ばれる乗組員のトップリーダー。
船長
船の運航を指揮する監督責任者。キャプテンとして船内の規律を維持する責任者。
機関長
チーフエンジニアとしてエンジンなどの保守・点検を担当する、船の機関の責任者。
通信長
無線などにより他の漁船や陸上との連絡を担当するチーフオペレーター。
一等航海士
甲板部の指揮監督を担当するチーフオフィサー。
一等機関士
機関長を補佐するファーストエンジニア。
操機長
機関部の実務遂行リーダーでナンバンと呼ばれる。
甲板長
甲板部の実務遂行リーダーでボースンと呼ばれる。
冷凍長
冷凍設備の管理・実務を担当する長。
司厨長
コック長として船員の食事を担当する長。

漁師の声

漁師・現場から

現場漁師の声

研修生の体験談

新人漁師へのインタビュー

指導者インタビュー